覚えておきたい!iphoneのアプリ開発

iphoneのアプリ開発にお悩みの方へ!

iphoneのアプリ開発は素人でも作れるのでしょうか

一般的にiphoneのアプリ開発は、専門的な人が作るイメージがあります。しかし、最近では素人でも基礎知識が分かればアプリ開発ができるようになります。では、アプリ開発までどのような流れがあるのでしょうか。実際の流れを見てみましょう。アプリ開発の時に役立ちます。

iphoneのアプリ開発の流れ

企画について

iphoneのアプリ開発を始める前に、必ず企画を作成しないといけません。目的が分からず、あいまいなままiphoneのアプリ開発を作成していまうと作り直しの可能性もあります。構成、画面遷移、機能をしっかりと練っておきましょう。

開発について

iphoneのアプリ開発は、AppStoreから無料でダウンロードできるXcodeを使います。レイアウトは、Xcodeの中にあるStoryboardを使い、アプリ内の動きは、SwiftとObjective-Cのプログラミング言語を使います。

テストについて

アプリを開発した後は、Xcode内のシミュレーションを使い確認を行います。実際にテストする場合は、有料のソフトへ登録しなければなりません。

公開について

アプリの内容が問題もなく、テストが完了したら公開できます。公開には作業があります。アイコンや必要情報をサイトに入力したら、Xcodeから作成したアプリのアップロードを行います。上手くアップロードが完了したら、審査がはじまり合格したら、2週間程で自分で作ったアプリが公開されます。

保守について

公開されたアプリをたくさんの人に、ダウンロードしてもらうためにはアプリの保守にも力を入れましょう。バグ修正、アップデードがスムーズかどうか調べます。また、実際にアプリを利用している人からレビューが寄せられるので参考にします。

覚えておきたい!iphoneのアプリ開発

アプリケーション

ネット環境は必修

iphoneのアプリ開発に必要な準備事項は、いろいろあります。中でも一番大切なことは、インターネットの接続です。アプリを登録したり、公開する時にインターネット接続は必要です。実際にアプリを使用する人は、ネット環境が悪い場合もあるので、アプリを使っている時に、回線が切れたりすることを想定して開発をしましょう。

MACは画面が見やすいものを選びましょう

アプリ開発の作業にはデバックがあります。デバックとは、自分の作ったアプリの動作をMACで確認することです。アプリ開発を作業することで、何度も繰り返しデバックが行われます。iphoneのアプリ開発は、Xcodeというソフトを使うので、Xcodeの文字が見やすいパソコン画面が開発しやすいです。

iphoneについて

実際に作ったアプリのテストを行うために、iphoneは必要です。パソコンにダウンロードしたXcodeのシミュレーションでも確認はできますが、iphoneで見ると気付く点もあります。

アプリ開発の業者の決め手

一括見積が出来る点が魅力的でした

アプリ開発業者をインターネットで探すと、たくさんの業者が出てきて実際に何をどう比較していいのか分かりませんでした。いくつかの会社へ問合せすると、開発仕様書を提示してほしいなど言われ手間がありましたが、決め手となった業者は、こちらの連絡先を公開しないで一括見積ができ、要望のみを伝えられたので非常に便利でした。

アプリの実績

数ある業者の中でも実績が少ないところへ依頼するのは、不安でした。予算をかけてアプリ開発に賭けているので、実績数が多い業者を選んだことが決め手となりました。特に、自社でアプリを開発をして販売しているとことは、知識やノウハウもあるので心強かったです。

ホームページをみて決めました

他の業者は、ホームページを拝見しても、どこをどう見ていいのか分かりませんでした。何社か比較して、具体的な進め方が載せてある業者に決めました。素人でも分かりやすかったので、とても良かったです。

親切な対応が良かったです

数ある業者の中から、実際に会えたエンジニアの人に決めました。分かりやすい説明と知識、経験が豊富でした。また、アフターサービスもあり、アプリに不具合があるとすぐに対応してくれます。

広告募集中