これからiphoneアプリ開発をしたい人へ

アプリ開発ができるようになるまでには

androidやiphoneのアプリは、専門の技術者が開発をしています。素人は、アプリはどのように開発しているの?また素人でもできないの?と思う方も多いはずです。今回は初心者でもアプリを作りたいなと思った時に、何をすべきかまた重要で覚えておくことは何かご紹介します。

iphoneのアプリ開発を考えてる方必見【簡単にできる方法】

スマートフォン

英語の抵抗を減らしましょう

プログラミングの勉強を始めましょう。一つのアプリを開発するためには、どんなに早くても36時間必要です。プログラミングは英語なので抵抗をなくすことは非常に重要です。ネイティブに話せる必要はありません。

言語はSwiftを選びましょう

2014年にAppleからSwiftという言語がでました。それまでは、Objective-Cというプログラミング言語でアプリ開発をされていましたが、今はSwiftへ移行しています。今からアプリ開発を始める人は、Swiftをよく理解しましょう。

使いやすい通訳アプリランキング

no.1

日本語を話すだけで外国語に通訳できるアプリ

画面のしゃべるアプリを押して、通訳してほしい言葉を話してみると、知りたい言語のテキストで表示されるようになっています。音声も入っているので、シンプルで一番簡単と人気があります。

no.2

外国人との会話がスムーズになるアプリ

通話は3ヶ国語と対面では10ヶ国語で対応できる機能があります。電話をしながら、相手に伝えられるのでとても便利です。

no.3

手書きに対応したアプリ

90ヶ国語に対応するアプリです。通常の入力で通訳も可能ですが、カメラで撮影して文字列をなぞれば手書きでも通訳してくれます。また、旅行先の言語をダウンロードをしたら、インターネットに接続しなくても通訳できるので評判が良いです。

no.4

横向き対応のアプリ

画面に文字を入力したら、右へスワイプしたらすぐに通訳してくれます。調べた言語は、保存ができて後ですぐに読み返すことも可能です。

no.5

通訳と例文付きアプリ

最短2秒で通訳してくれるアプリです。また、通訳した後に外国語の一般的な表現や似ている例文を表示してくれます。たとえば、勉強用、旅行用というように分けてくれます。

種類

現代、たくさんの人が使用しているスマートフォンがあります。種類は、iphoneとandroidと2種類ありますが、どれも同じ機能ではありません。規格やプラットフォームが違うのでアプリの開発に大きな違いがあります。では、この二つの違いについて調べてみましょう。

OSの違いについて

iOSとは

Apple社が開発しているMacというコンピューターで使われている端末にあります。機種は、iphoneやiPadがあります。OSの開発もApple社が行っています。アプリは、Apple社が運用しているストアでしか入手することができません。厳しい審査に合格したアプリだけの提供なので安心して使うことができます。

Androidとは

androidとは、Google社が開発されており、たくさんの端末メーカーで使われています。Google社がandroidの特許を開発していますが、各メーカーがオリジナル商品を設計することができるようになっています。また、自由度の高いアプリ開発ができます。

[PR]通訳のアプリをゲット
No1のシェア率だから信頼度〇

[PR]androidのアプリ開発は専門業者に依頼!
実績をcheck☆

広告募集中